WebGLShader

WebGLShader

概要

 状態:-  閲覧数:520  投稿日:2018-01-19  更新日:2018-01-29  
WebGLShaderはWebGL APIの一部であり、頂点シェーダまたはフラグメントシェーダの何れかになる
WebGLプログラムには、両方の種類のシェーダが必要である

WebGLShaderを作成するには?
・WebGLRenderingContext.createShaderを使用し、WebGLRenderingContext.shaderSource()を使用してGLSLソースコードをフックし、最後にWebGLRenderingContext.compileShader()を呼び出してシェーダを終了し、コンパイルする
・この時点で、WebGLShaderはまだ使用可能な形式ではなく、依然としてWebGLProgramに接続されていなければならない

function createShader (gl, sourceCode, type) {
 // gl.VERTEX_SHADER 型または gl.FRAGMENT_SHADER 型のシェーダをコンパイルする
 var shader = gl.createShader( type );
 gl.shaderSource( shader, sourceCode );
 gl.compileShader( shader );

 if ( !gl.getShaderParameter(shader, gl.COMPILE_STATUS) ) {
   var info = gl.getShaderInfoLog( shader );
   throw 'Could not compile WebGL program. \n\n' + info;
 }
 return shader;
}


・シェーダの取り付けについては、WebGLプログラムを参照する


WebGLShader 
WebGLでGLSL (Shader) を書く流れを(ざっくり)まとめた 
WebGLの基本


コメント投稿(ログインが必要)