createImageData()メソッド

CanvasRenderingContext2D createImageData()メソッド

構文

 状態:-  閲覧数:619  投稿日:2016-08-14  更新日:2016-11-09  
2種類
ImageData ctx.createImageData(width, height);
ImageData ctx.createImageData(imagedata);


構文詳細 / パターンA / パターンB

 閲覧数:266 投稿日:2016-11-09 更新日:2016-11-17 

パターンA


指定された大きさで、新しい空白の「ImageDataオブジェクト」を作成
・「新規作成されるImageDataオブジェクト」内の全ての画素(ピクセル)は透明な黒色に設定される
ImageData ctx.createImageData(width, height);

第1引数 width
・新規ImageDataオブジェクトの幅

第2引数 height
・新規ImageDataオブジェクトの高さ


パターンB


既存ImageDataオブジェクトの、幅と高さをコピーする
・「新規作成されるImageDataオブジェクト」内の全ての画素(ピクセル)は透明な黒色に設定される
・画像自体はコピーされない
※サイズのみ引き継ぐ
ImageData ctx.createImageData(imagedata);

第1引数 imagedata


CanvasRenderingContext2D.createImageData()


コメント投稿(ログインが必要)