moveTo()メソッド

CanvasRenderingContext2D moveTo()メソッド

概要

 状態:-  閲覧数:703  投稿日:2014-06-11  更新日:2016-09-06  
描画の起点を定めるメソッド
・描画の起点を定めてそこから新たなサブパスを開始
・指定の地点で新規のサブパスを生成
・書き始める場所を指定

反映
・描画処理は含まれていないので、この処理だけでは画面上変化なし

構文
context . moveTo(x, y)


引数


第1引数
・左上のx座標
・canvas左端が 0

第2引数
・左上のy座標
・vcanvas上端が 0

戻り値
・なし

※JavaScriptのmoveToメソッド(ウィンドウ表示位置を指定座標(モニタ上の絶対位置)へ移動)とは異なる


コメント投稿(ログインが必要)